風俗営業許可申請東京>>風俗営業の注意点
 「風俗営業の許可申請」と「深夜酒類提供飲食店営業の届出」の併用
 
 まず、キャバクラを始めようとしようが、ガールズバーにしようが、お客様に対して、お酒や料理を提供する以上、飲食店であります。そのため、飲食店営業許可を取る必要があります。
 その後は、お店の形態が風俗営業に該当する場合は、風俗営業の許可を取る必要があります。風俗営業の許可を取れば、接待行為をすることはできますが、原則として午前0時までの営業しかできません。
 なお、風俗営業に該当しない場合で、深夜営業をする場合は、深夜酒類提供飲食店営業の届け出をします。この場合は、深夜スギまで営業できますが、接待行為はできません。なお、風俗営業の許可を得て、深夜酒類提供飲食店営業の届出をすれば、午前0時以降も営業ができ、なおかつ接客だけでなく、接待もできるのではと考えた方もいらっしゃると思います。しかし、このようなこと認めてしまうと、「午前0時まで」という風俗営業の規制が骨抜きになってしまいます。そのため、同一のお店において、風俗営業の許可申請と深夜酒類提供飲食店営業の届出を行うことは、事実上、できないとされています。